×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

fxシステムトレードとは

fxシステムトレードとは、米国では既に一定の評価を得ている投資法。
最近では日本の書籍・雑誌の中でもfxシステムトレードについて扱われて始めている。
投資判断を投資家個人の経験や勘といった裁量的なものではなく「指標Xがn値になったら買う・売る」など過去の検証が可能な数値や指標などの組み合わせで作成、検証した売買ルールにより一貫して行うことをいう。
よく、fxシステムトレードは必ずコンピュータなどで完全に自動売買されることを指すと思われがちだが必ずしもそうではない。

fxシステムトレードの長所と短所

fxシステムトレードの主な長所は、感情的な投資判断を除去できること、作成した売買ルールを過去の株価データを用いて検証し評価する事ができることなどがあげられる。
逆にfxシステムトレードの主な短所は、過去に無い相場に遭遇したり、ある売買ルールが一般に浸透すると、効果が低下したり逆に損失を出すことがあることである。
一長一短ではあるが、基本的にfxシステムトレードをベースとしたトレーダーが多く成功しているのは確かであろう。
もちろんfxシステムトレードで失敗することも多いのでfx初心者などは特に注意が必要である。

fxシステムトレードの分類

fxシステムトレードの分類としては、主にクロス系、ブレイクアウト系、パターン系、裁定系などがある。
有名な物は『移動平均の交差』『3点チャージ法』『タートルズ・ブレイクアウトシステム』などがある。
fxシステムトレードを行う際には、過去のデータを用いて検証し、対象とする市場と相性の良いシステムを選択する。
データは証券取引所やデータ配信会社から購入することが多いが、無料のYahoo!などのポータルサイトから取得することも可能である。

Copyright © 2007 fxシステムトレードと売買ルールの基本